俺ガイル ss 八幡 イケメン バスケ。 【雪乃・俺ガイルSS】比企谷八幡「卒業してから結衣ヶ浜や雪ノ下と疎遠になった」

いろは「付き合ってください」 八幡「はぁ?」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

39 ID:m3O8c4HG0 八幡(まさか・・・・ゴクッ)ドクッドクッ 結衣「好・・・・」ガクッ・・・ 結衣「zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz」 八幡(・・・・・・・・このタイミングで寝るかよ普通) 八幡(はぁ・・・・・・・) 八幡(全くしょうがない。 87 移動中 いろは「はぁ……やっちゃいました……」 八幡「俺を誘ったなんて言えばな。

ただ起きないから寝かせといただけだ。 」 雪ノ下「なんで目が腐ってないのかしら?」 なんで皆そんなストレートに言うんだろ. 64 雪乃「あなたが校門の前にぬぼーと立っていたら、なぜか警察に連絡したくなるわね」 八幡「俺を不審者扱いするな」 雪乃「だって、目が腐っているもの。

【俺ガイルSS】雪ノ下八幡「なぁ雪ノ下って好きな奴とかいんのか?」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

はっきりしろよ、バカヤロー! あいまいな態度を見せる彼に、彼女は「待たないよ」と。

18
今日は働き責めで休憩とれてないんでしょ?少しお知り合いと一緒にお話でもしてなさいな」 八幡「ちょ!ちが!」 雪乃「あら、素敵な店長さんね。 ひさしぶりだな!こんなところで会うとは!」 八幡「あっ、平塚先生」 いろは(ちっ!そういえばこの人は他の女達と違って、ここでもエンカウントするんでしたね…) 静「一色もいたのか。

【雪乃・俺ガイルSS】比企谷八幡「卒業してから結衣ヶ浜や雪ノ下と疎遠になった」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

14 いろは「今日も放課後、校門前で待ち合わせでいいですよね?」 八幡「ああ、部活終わったら行く」 いろは「今日は遅くならないでくださいね?」 八幡「わかったよ。 」 雪乃「比企谷くん、次は私が質問をする番よ?一方的に話を進めるのはやめてちょうだい。 あの人ももう少し頭が回る人だと思ってたんですけどー」 八幡「空砲とはいえど音もするし、血糊といえどあれだけの量ならいくら陽乃さんでもな」 女「おまけに普通人質の中にテロリストがいるだなんて思いませんもんねー?」 八幡「ま、後はお前の死んだふりもうまかったわ。

7
21 いろは「そうだ、コーヒー飲みに行きません?」 八幡「まぁいいけどよ、どうした?」 いろは「んー、付き合ってるなら、帰り道に二人でどこか寄り道とか定番じゃないですかね?」 八幡「いや、付き合ったことないからわからん」 いろは「でも、妄想とかしないんですか? そういうこと」 八幡「ま、まあ……するけど」 いろは「その妄想だと、どこいくんですか?」 八幡「……自宅とか」 いろは「……ごめんなさい。

比企谷八幡 「・・・もう一度会いたかった」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

一限目の授業が終わった。

98 ID:0cNwdzKS0 八幡 葉山隼人…… 八幡 家督を継いで弁護士になってた彼だったが、弁護士になりたかったわけでもなく、ただ期待に答えるままに生きてきた結果、人生の目標を見失ってしまったのだと 八幡 正直、こいつがあんな簡単に落ちるとは思っていなかった 葉山「いろははどうしたんだ?」 八幡「……金と俺を車から放り出して、1人でアジトに突撃してった」 葉山「…………それって」 八幡「あぁ。

【俺ガイルSS】雪ノ下八幡「なぁ雪ノ下って好きな奴とかいんのか?」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

私はあなたと雪乃の子なのよ」 八幡(はあ!?はああああああ!!俺と雪ノ下の子供だあ!?) 八幡(たしかに好きはとても他人に思えなかったが…それに俺と小町と同じたしかに似てるが) 八幡(じゃあ比企谷雪菜という名前も俺と雪ノ下が結婚したというのか………全く想像できねえが) 八幡(それに俺はいろはと結婚して夫婦仲良好だし…そうなるはずが わけがわからないよ) 雪菜「…悩む必要はないわ…もうその未来は訪れないから」 八幡「…どういう意味だ」 雪菜「なくなったの…あなたのせいでね」 八幡「っ」 八幡「…俺が」 雪菜「そうよ…もっと詳しく言えばあなたとのせい」 八幡「なに!いろはも」 八幡(俺はともかくなんでいろはもなんだ?あいつと雪ノ下は一度もケンカしたことがない、今も交流を続けるくらい親しいんだぞ) 雪菜「お父さんとお母さんが結ばれるにはあの卒業式の告白を了承すること…あるいは逆に告白すること」 八幡(あのときか…そのころまだ自分の本当の気持ちがどうか…はっきりわからなくて、そんな曖昧な気持ちで雪ノ下やと付き合うのはあいつらに失礼だと思って告白を受け取らなかったんだが…) 雪菜「複雑そうな顔してるけど、これはまだいいのよチャンスはいくらでもあったから…もう一つの条件さえ満たしていればね」 八幡「そうなのか?」 八幡(意外だったな) 雪菜「八幡がお母さんと同じ大学に進学すること」 八幡「!?」 雪菜「さっきいったよね卒業式で告白を受け取らなくてもチャンスはいくらでもあるって それは同じ大学に進学していれば会う機会はいくらでもあるもの 実際私も大学二年生の時付き合い始めたと聞かされていたから」 八幡(あの冷静だった雪菜が取り乱し涙をポロポロと流す姿を見て俺は胸が締め付けられるような心の痛みを感じずにいられなかった) 雪菜「なんで…なんでなの…お母さんの事を理解してくれる男性はあなたしかいなかったのに! やっと…やっとお母さんは自分の事を理解してくれる人と巡り会えたのに 」 八幡「雪菜…」 雪菜「どうしてよ…どうしてあなたはを選んだの…お母さんにはあなたしかいなかったのに…なんでなの」 八幡(何も言い返す事ができなかった…慰めの言葉をかけても雪菜の状況は変わらない…むしろ傷つけてしまうだろう。

12
自分の性欲満たすために女の子の都合考えないで強引にやろうとする人とは違いますね) いろは「気を使ってくれるのはすごくうれしいのです…でも我慢できなくなったりとかしないんですか?」 八幡「まあ俺の理性の高さは半端ねえからな。 05 由比ヶ浜「ヒッキーが昼休みに生徒会の仕事を手伝ってた?」 雪乃「ええ、城廻先輩がそう言っていたわ」 由比ヶ浜「ヒッキーはいろはちゃんに甘いなぁ……」 雪乃「比企谷くんの方が甘やかされてるらしいわ」 八幡「なんでそうなるんだよ」 雪乃「一色さんにお弁当を作ってもらっているようね」 八幡「!」 87 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

【雪乃・俺ガイルSS】比企谷八幡「卒業してから結衣ヶ浜や雪ノ下と疎遠になった」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

今たぶん涙で潤んで三割増しくらいに輝いて見えるんだと思う」 29: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 08 ID:hLU5NYUb0 八幡「警察は?」 テロリスト「……未だに動きを見せません」 八幡「……そうか」 八幡「警察の諸君、そろそろ20分が経過する。

10
ロマンティック! 「……今度は、お礼じゃないよ」と彼女はクッキーを八幡に渡す。

いろは「付き合ってください」 八幡「はぁ?」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

39 八幡「行くか」 いろは「ですね。 いいか、作らないだけだ。 128• んじゃあたしメールしてみるね!」 八幡(行くって言ってないんだけどなぁ・・・・・・) 13:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

20
夜空を彩る花火。

【俺ガイルSS】雪ノ下八幡「なぁ雪ノ下って好きな奴とかいんのか?」

イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss イケメン 八幡 俺ガイル バスケ ss

せっかくなんだしいいじゃん!」 八幡「はぁ・・・好きにしろ」 29:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 71 ID:m3O8c4HG0 八幡「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・んで、どこに行くんだ?」 結衣「ゆきのん午前中で終わるらしいから1時に千葉駅前のスタバ!」 八幡「お前・・・大学西千葉なんだぞ1駅移動しなきゃいけないじゃねーか・・・」 結衣「あーでも、なんかわかりやすいところがいいじゃん!」 八幡「お、おう。

14
。 きのう飲み過ぎたな・・・・」 結衣「・・・・ん・・・あれ・・・ここどこ・・・・」 結衣「ってぇ!ヒッキー!なんでヒッキーがいるの!!」 八幡「ここは俺んちだからな・・・・」 結衣「え、なんでヒッキーんちにあたしがいるの??」 八幡「帰ろうと思って駅までタクシー乗ったらお前が泥酔して起きなくてしょうがなく連れて帰ってきた」 結衣「あ・・・・・・ごめん・・・・」 八幡「何も変なことなんてしてねーからな。